身体の衰えが出始める40代

身体に意識を配る重要性

私達人は、山を登る様に成長をして山から下山をする様に体力に衰えが見え始める。30代と言うのは、まだまだ若いと思っている方が多くいるが、40代となれば、50代、60代の人達が目に見える範囲として映り、自分自身の衰えに対しても意識が高まってくる年代でもある。

特に、筋肉が衰えているにも関わらず、仕事上のお付き合いなどから暴飲暴食へと走れば、脂肪が増え悪玉コレステロールも増える事によって、血液に病気の元となる原因を作り易くなる。厄年という言葉があるが、一説では、体と心に変化が現れ易い時期であり、内面に意識を働かせ注意を促す年とも言われている。男性ならば、41歳に前厄と言われ、女性であれば、38歳に後厄と呼ばれている。つまり、この様な年は、厄払いのために神社やお寺などに赴く以上に、内面に意識を働かせ健康に気を配る事が大切と言えるだろう。

また、足りない成分を補うために、40代に健康に良いとされるサプリメントなども積極的に摂取する事も大切だ。その他、年齢よりも若く見える人の特徴として、人生を有意義に楽しんでいる事が挙げられる。様々な刺激を楽しむ事によって、体の新陳代謝が活発化をして肌を美しく保つ効果があるともいわれている。40代以降は、生活がマンネリ化をして新しい刺激を避けてしまう傾向にある。体力の衰えが、新しい刺激に対して強く感じてしまい、体が拒否反応を引き起こす事もあるからだ。健康を保つためには、体を鍛え、積極的に新しい刺激を取り入れて行く事が大切なことなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TITLE

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Tag Cloud